挑戦の時間

下町ロケット(池井戸潤)

なんと言っていいんだろう。直木賞受賞作品だけど、その受賞が小さく思えるほどにいい作品でした。今期最高の作品!(^^)

facebookでも本の感想を公開するけど、facebookやgoogleなどのノウハウ本を勉強するのも重要だけど、その前にこの本を読もう!ドラッカーも重要だけどこの本を読もう!大きな声で叫びたいくらいです。

なぜなら、この本には小さな会社の経営者が生きていくために大切なものが全部書かれていると思うからです。それは「夢とプライド」。だからこそ中小企業やモノづくりの経営者には、さらに経営者だけでなくそこで働く人たちにも読んでいただきたい1冊。

話としては「大田区の町工場が取得した最先端特許をめぐる、中小企業vs大企業の熱い戦い!」と言うことで、ここまで書かれていたら、もうそれだけで池井戸さんの作品なら痛快に中小企業が大企業をぎゃふんと言わせるハッピーエンドも想像しちゃうのだけど、たとえそうであってもすべて許せちゃう(^^)

続きを読む "下町ロケット(池井戸潤)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちはやふる(1)(末次由紀)

「ちはやふる」は、そのタイトルからわかるように競技かるたを扱った漫画です。競技かるたを扱うと言うのは漫画では珍しいのでしょうね。

この作品は2009年マンガ大賞を受賞しました。実はそれで買ったわけじゃなくて、このマンガの主人公の「千早」にかるたへの道を教えた「新」が福井から東京に来た転校生と言う設定だったと言うことから。

さらに(2)では高校生になった「千早」たちが、福井に戻った「新」を尋ねに福井は芦原温泉に行くシーンまであって、米原乗換えなど、なかなか詳しく書かれていて面白いものです。と言うことで買った理由は地元ひいき(^^;

しかし、読んでみるとこれが面白い!競技かるたのスピードが主人公の勢いとあいまって、一気読みでした。地元ひいきを除いても、日頃はマンガを読まない私にも楽しめる作品でした。これは、「ドカベン」「三国志」以来の全巻読破をしたいものです(^^;

ということで2巻まで読んでの感想でした。

★★★★★

| | トラックバック (0)

阪本さんのセミナー

普通はここではセミナーの話はしないのだけど、ちょっと特別に。。。
セミナーってなんで受けるのだろう、何で他人の話を聞くのだろう?

あるひとは成功事例が欲しいのかもしれないけど、私はやっぱり自分をリセットするためだと思うなあ。同じ商売をしていると、血管と一緒で、いつのまにか垢が詰まったり、これでいいと思ったり、過去の成功事例に縛られたりということがあるものです。経営者ってこんな過去にとらわれて生きているくせに、本来、過去に何をやってきたかが大切な採用試験において、新人さんに将来やりたいことを聞いたりするものです。おかしいですよね。

でも、経営者の本当の楽しみは、常に、誰も踏みつけていない積もったばかりの新雪の上に自分で初めての足跡をつけることじゃないかなと思ったります。そういう意味で、そんな気持ちになるのが阪本さんの考え方であったり、セミナーの価値じゃないかと思うのです。

もちろん、ブランド構築の手法の手順のようなものや考え方というのも話のなかにあって、大切なことだけど、でも、本質は、先を見る目を常に失わないことだと改めて思いなおす意味で大きな意味のあるセミナーだったと思います。


ところで、
どっと混むのメンバーが、このブログを読むだろうから、あえて言うけど、リライムまで行こうと思った5名の人に称賛です(笑)。本当にあのアンケート機械は面白いものです。そうそう、阪本啓一さんから、「HOPE!おばちゃんとぼく」こそ読んで欲しいという話があったので、早速買ってみました。また本の山が高くなりますが(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝間和代さんの講演会

福井ライフ・アカデミー、ふくい女性活躍支援センター主催講座のキャリア・アカデミー公開講座(第2回)が福井県生活学習館にて開催されました。今回はテレビや書籍で有名な経済評論家・勝間和代さんが「ビジネスで成功する!7つのフレームワーク力」というタイトルで講演されました。

人気の勝間さんですから、キャンセル待ちが出るほどの申し込みで会場は満席でした。本で書かれていることを中心に話をされましたが、経済評論家的な話はなくて、むしろ生き方や考え方が中心でした。


続きを読む "勝間和代さんの講演会"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

福井県観光物産展(新宿京王百貨店)2009年

東京・京王百貨店新宿店にて福井県観光物産展が開催されています。米五のみそも出店していますので、明日26日17時から私も手伝いで味噌を販売います。お近くにお出かけの際には是非お立ち寄りください。
京王百貨店新宿店7F大催事場
2009/1月22日(木)~27日(火)
10:00~20:00(最終日は17:00まで)

ちなみに、設営と初日はいましたが、いったん福井に戻り、26日(月)17:00~27日(火)17:00まで再び対応します。最終日の17時以降は片づけです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

フードバンクという挑戦 貧困と飽食のあいだで(大原悦子)

Fb「ローマの平日イタリアの休日」で何とも魅力的なローマの生活を書かれた大原悦子さんの新作と言うことで楽しみに読みました。と言っても今回は、内容も主題も、がらりと変わって「フードバンク」について。訳すると「食料銀行」(当たり前(^^;))でしょうか。私自身もこの言葉に馴染みがなかったのです(アマゾンで調べても楽天で調べても、この本以外には紹介している本はないようです)が、この「フードバンク」は、「もったいない」を「ありがとう」に変えると言う考えのもとに、品質に問題なくても流通のシステムや製造の過程で廃棄されるような食品を、今、食べるものに困っている人に分け与えようと言う考えのもとに活動されている団体です。

・・と言うと私も、「日本は飽食だから、捨てる食料があるのならアフリカの難民に配ったらいいのに」って言う感じで、読みだしてみると、ここで取り上げているのはそうした国際的な救援ではなく、日本の中にも食料を手に入れられない人がいると言うことと、そう言う人に食料を配っているボランティアがいることを紹介されていてその事実に驚きました。考えてみれば、国家の体制や政治的・経済的に未熟であるために社会システムとして貧困を生んでしまうアフリカの国が国際的に目立つは当然として、むしろ日本のように国としては経済的に発展して、貧困が全体として目立たなくなっているところに存在する貧困こそが救われていないのかもしれません。

救援と自立支援の問題など、私の頭の中にあったさまざまの問題にも言及されていますが、作者・大原さんのその目線は「ローマの平日イタリアの休日」同様にやさしい感じで、問題は問題として受け入れて、それでも活動のコンセプトを大切にしている感じが、読んでいて心地よい感じでした(このての本に心地よいと言うのは変ですが)

続きを読む "フードバンクという挑戦 貧困と飽食のあいだで(大原悦子)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ipodを使ってみた

Ipod映画や本以外の話題が少ないので、最近入手したipodの話を書きます。ipodは我が家に1台あったのですけど(実は、サンダルを買ったら当たった)、音楽を入れて楽しみのは子供がやっていて使いこなすことはなかったのです。で、ここにきて動画も見れるとか、Podcastというサービスを知ったことから、英会話を勉強するなら利用出来るかもという感じで、自分の誕生日プレゼントには少々早いけど100満ボルトのポイント還元アップを狙ってポイントで購入しました。
 
英会話と言いながら、写真はオペラ「アイーダ」のシーンです(写真ではきれいに映っていませんが、実際の映像はとてもきれいです)、ちょっお気に入りのオペラを2つとドキュメンタリー宇宙の起源をipodで見れるようにしました。オペラはヒヤリングと言ってもイタリア語?ラテン語?ヒヤリングなんかしないで字幕ですけど(^^;

 

続きを読む "ipodを使ってみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能楽鑑賞会

福井の能楽堂で行われた能楽鑑賞会に招待券を頂いたので行ってきました。能というのは初めてです。狂言はギオンコーナーで日本の伝統芸能のさわり紹介のコースで見たことがあったのですけど。能はなにしろ全く知らないので(高砂やこの浦舟に帆をあげて~っていうところくらいでしょうか、、知っているのは)

能楽鑑賞会 第74回宝生流能楽鑑賞会
平成20年4月27日 13:00~
福井能楽堂

舞囃子「雲雀山」
能「花月」
狂言「伯母ケ酒」
能「羽衣」

解説書というか当日の冊子があったので話の内容が分かり参考になりました。花月は能の分類では四番目物というらしいのですが、最初に上演しても4番目と不思議に思い調べてみたら、なんでも誰がシテになるかで、種類分けしてあって、たとえば、初番目は神、二番目は男(武人)が、三番目は美人がシテとなり、四番目は狂女をはじめいろいろなものが入るそうです。五番目は鬼や天狗です。となると、天女がシテの「羽衣」は三番目物となるわけです。

最初の「雲雀山」は舞囃子ということで、能の一部を面をつけずに袴で舞う略式の舞台のようです。コンサートで言えば、最初にオペラの序曲や間奏曲が演奏されますが、そんな感じですね。
「花月」「羽衣」は話は面白いですね。しかも、囃子方がいて、黒子さんのような後見という役柄がいて、地謡は合唱団というように、オペラ並です。さすがに完成された伝統芸能ですね。

狂言は酒屋の伯母のところに甥が酒をせびりに行くのだけど、まったくもらえず鬼に化けて脅して酒を飲むのですが・・・って、話です。面白いというか、滑稽なところがいかにもって内容でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京に来ています

今日は東京に来たのですけど、朝からトラブル発生で大変でした。小松からの飛行機に乗る予定で、バスターミナルに6:40についたら、いつもの6:50のバスは出発しました!?って。あれ~。なんで?って聞いたら、毎月スケジュールは変わりのですけど1月は6:40発になったそうな・・・

ひぇ~~。次のバスでは間に合いそうもないし、あわてて丸岡までバスを追いかけてどうにか乗ることができました。

で、東京に付いたら、あれ、まあ、福井で見るような結構しっかりした雪が降っているじゃないですか!もうたまらなく寒いです。

ということで、明日から1/29までの新宿京王百貨店での福井の物産展に出店販売します。もう疲れたので今日早く寝ます(^^;

ちなみに、私は23日~26日午前中、29日を対応します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビックサイトへ

このところ展示会などが立て続けにあって、本は持参するだけで疲れて読んでいない状態です。
「ワーキングホリデー」(坂木司)の第1章は面白かったのになあ~第2章で止まっています。


10/11(木) ネクストフーズ石川2007 設営
10/12(金)~14日(日) ネクストフーズ石川2007 対応
10/17(水) クレーム博覧会 設営
10/18(木) クレーム博覧会 試飲対応(博覧会は19日まで)
10/21(日) ビジネスサミット(ビックサイト)設営
10/22(月)~23日(火) ビジネスサミット 対応
 
と言うことで(全部自分が対応するわけではありませんが)、最後のビックサイトで行われるビジネスサミットには3日間東京滞在で頑張ります。ようやく足の痛みがなくなったころにまた立ちっぱなし?都会は体力がつきます(^^;
 
ビジネスサミットは販売と言うよりも商談中心ですので、あまり商品は持って行きませんが、新商品の「越前鍋みそ」が初お目見えの予定です。ご興味のある方は見に来てくださいね(名刺を出せば無料で入場できたと思いますが・・・米五のブースに用があると言えば大丈夫でしょう(ブース番号は西館のD1-51です)。←独り言なのに呼びかけている(笑)
 
販売と言えば、例年通りの新宿京王百貨店での「越前若狭の物産展」では、思い切り?販売します。こちらは、1月24日(木)~1月29日(火)の6日間。私は初日から26日の土曜日までと、29日の最終日を対応する予定です。まだ来年のことだけど、そろそろ物産展も計画の時期になりました(今期は、東京、名古屋、大阪を予定)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)